リハビリ部門

訪問リハビリとは

「一人ひとりの自己実現に向けて」

医師の指示に基づき、ご利用者様のご自宅に理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の国家資格を保有したセラピストが訪問し、機能訓練・歩行練習・階段昇降練習・日常動作活動練習(食事動作・更衣動作・入浴動作・トイレ動作)・発声練習・嚥下練習などを実施いたします。

また、地域とのつながりを大切にしており、互助形成のきっかけ作りとして介護予防教室を開催しております。地域の施設スタッフ様に向けて、技術伝達講習も行っています。

Works

仕事紹介

  • 心身機能・身体構造

  • 認知症・難病

  • 小児

  • 発声・嚥下機能

  • 社会参加支援

総合リハビリ研究所では「心身機能・身体構造」「認知症・難病」「小児」「発生・嚥下機能」「社会参加型」の5つのアプローチでリハビリのサービスを提供しております。近隣の病院・地域包括・社会資源と連携し本人やご家族と相談しながら、一人ひとりの自己実現に向けたサービスが提供できるように支援いたします。

エンパワーメントプロジェクト

総合リハビリ研究所には研修で培った力を存分に発揮できる場があります!!
「あなたが主役!業界初のエンパワーメントProject !!」

セラピストが積極的にかかわることで、地域の力・ご利用様やご利用様を取り巻く人達(家族・社会資源等)の潜在能力や生命力を引き出します。エンパワーメントを引き出すことで、自己実現の達成・人生の質を向上させるプロジェクトです。

エンパワーメントプロジェクトについて
もっと知りたい方はこちらから!!

ドリカムPROJECT
ADL評価モデルPROJECT
職業リハPROJECT
地域施設・地域参加PROJECT

Works

ドリカムプロジェクトの一日の流れ

STEP

1

現地集合

現地に到着後、その旨を現場の状況とともに他のメンバーに報告するとともに、当日の流れやトイレ・応急室の場所をスタッフ間で確認。クライアントの医療情報をスタッフ間で共有する。

STEP

2

クライアントと合流

当日同行するスタッフの自己紹介を行い、直近1週間と当日の身体状況を、医療情報をもとにヒアリング。睡眠状態、服薬情報なども確認する。

STEP

3

一日の流れをクライアントと確認

スケジュールを確認。身体状況に合わせたスケジュール変更が可能な旨と、トイレや応急室等の場所を報告する。

STEP

4

実行(~夢をかたちに~)

安全に心底楽しんでもらうため、常にクライアントをサポートする。

STEP

5

写真撮影など

クライアントの素敵な表情を引き出せるよう、その日一番のシーンを準備する。

STEP

6

昼食(午前中の振り返り)

専門家として、誤嚥リスク等を踏まえた助言を行い、可能な限りクライアントの要望に沿った食事場所を提案。それまでのサポート体制を振り返り、今後のサポート体制の要望等を確認する。

STEP

7

午後の部スタート

疲労感や体調面などに気をつけながら、残りの時間を最大限に楽しんでもらえるようサポート。気候の変化に注意しながら水分補給等を促し、衣類等の発汗状況も確認する(必要に応じて着替えを促す)。

STEP

8

解散

身体状況を確認し、やり残したことや次回の要望等をヒアリング。プロジェクトの向上に向けて、後日アンケートに協力してもらう旨を説明する。

月間ケアマネジメント 10月号(2017年) 当社記事掲載

『月間ケアマネジメント10月号』に当社スタッフの記事が掲載されました。

募集要項

訪問リハビリに興味をお持ちの方は募集要項をご確認ください。

  • 総合リハビリ研究所採用Facebook
  • マイナビ看護師
  • 総合リハビリ研究所
  • マイナビ2019
  • PT-OT-STネット