【社員インタビュー】看護部門のエースにインタビューをしました!

2020/05/21
【社員インタビュー】看護部門のエースにインタビューをしました!

みなさんこんにちは!総リハ太郎です!!
寒暖差が激しい今日このごろですが、いかがお過ごしでしょうか?
新型コロナウイルス感染症の対策はもちろんですが、
普通の風邪もひかないように体調管理をしっかりして本日も頑張りましょう!!

前回、看護師の管理者インタビューを記事にさせて頂いた際に
求職者の皆様からとても好評のお声を頂きましたので、
今回は現場で働く看護師エースの松田さんにインタビューをさせて頂きました!

在宅医療に興味がある方、職場の雰囲気やライフワークバランスとの両立ができるか不安な方に
総合リハビリ研究所のイメージが伝われば幸いです。

訪看や総リハの魅力を語っていただきました!

松田さんのこれまでの経歴を教えて下さい。
私は、現在入社してから2年目の看護師です!
15年ほど前は大学病院で4年ほど勤務していましたが、
結婚を機会に病院を退職し、10年ほど専業主婦をしていました。
そして子供の年齢も落ち着いてきたので仕事に復帰したいなぁと思ったときに
「リハビリなしで大学病院はちょっと怖いな・・・」と思っていました。
そこで「看護師のリハビリ」を兼ねて家の近所にあるクリニックで半年間勤務しました。
クリニックである程度看護師としての感覚を取り戻し、もっと看護師として活躍したい!と考えるようになりましたが、
家事や育児もありますので昔のように大学病院でバリバリというわけにもいきませんでした。
家庭と仕事の両立ができる仕事を探しており、そのときにちょうど訪問看護を見つけてトライしてみようかなと思い、
総合リハビリ研究所の面接を受けました。


一人ひとりに寄り添ったケアができることも特徴的ですが、家庭と仕事の両立ができるのも訪看の特徴ですよね。
たくさんの訪看がある中、総リハビリ研究所を選ばれた理由はありますか?

実は当初検討していた訪看は3~4社ほどあり、採用サイトなども見ていましたが、
実際に面接を受けたのは総合リハビリ研究所だけでした。
選んだ決め手は看護師の在籍数が多いため、何かあったときにフォローしてもらえるかもと感じたからでした。


浦安看護は20名以上在籍しており、子供の体調不良等でお休みする際も気持ちよく交代してくれる環境が整っていますよね。
それでは実際に総リハで働いてみてどうでしたか?

やはり一年を通してやむを得ない子供の急病が数回あったりするんですが、
当日に時間の調整をしてもらえるだけでなく、翌日も休みが取れるように調整してもらえました。
働いている仲間、リーダーも子育てをしてることもあり、こういった部分の理解があるのでとても助かっています。

また、業務的な面でも色々と相談させてもらっています。
訪問看護は一人で訪問するため、色々な知識や判断をする必要があります。
訪看はひとりぼっちと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、総リハでは
わからないことがあればその場で電話相談をしたり、事務所に戻ってすぐ確認したりアドバイスをしてもらえる環境が整っています。
大学病院のときは、勤務しているその課の人にしか相談できませんでしたが、
多種多様な経験を積んでいる先輩がいるからこそ、トータル的な相談ができて知識の幅も広がる。
こういったところが訪看、総合リハビリ研究所のいいところだなと私は思います。


高澤さんのインタビューでもありましたが、相談できる環境が整っているのは大きな強みですね。
それでは続いてお仕事自体の魅力について教えて下さい。

病院と比べてのお話になりますが、訪問時間を利用者さんのためだけに使えるので、
一人ひとりに向き合う時間がとても長いです。
病棟だと一人ひとりにかけられる時間は少なく、「もっとこうしてあげたいな」と思っていても
時間の関係上出来ないこともたくさんありました。

また、利用者様を取り巻く環境、ご家族の方が困っていることをトータル的にも対応できます。
ご家族の方が困っていることは最終的に利用者様にも繋がるので、
そういった部分も含めてケアできるのが魅力だと思います。

そしてこれも在宅医療の大きな特徴だと思うのですが、訪問看護にはゴールがありません。
そのためどうやって生きていきたいかを共に考えられます。
もちろん責任感も伴うのですが、訪問看護でしか味わえない貴重な体験もあります。

これは私が担当させて頂いた利用者様のお話なのですが、ターミナル(終末期)の方に対して
「最後はどうやってすごしたいですか?」と質問したときに
「故郷に帰りたい」とおっしゃっていました。
こちらの利用者様は福岡出身の方で、病院にいたときは「福岡には帰れない、ご飯も食べれない」と言われていた方でしたが、
医師や仲間と連携して福岡に帰してあげることができ、2ヶ月ご実家で過ごして頂きました。

後日、奥様から「亡くなってしまったけど、最後にとてもいい時間をすごせました。本当に、本当にありがとうございました。」
と言ってもらうことができました。こういった体験は訪問看護ならではだと私は思います。


誰かの人生の最後を支えられるお仕事、とても素敵ですね。思いやりをもって相手のことを考えることはもちろんですが、
松田さんからみて訪看に向いてる人、総合リハビリに向いてる人はどんな人だと思いますか?

そうですね~、臨床経験の年数に関係なく「出来ること、出来ないこと」の意思表示が出来る人、明るい人、人と向き合って会話が出来る人、年齢関係なく知識を求める人、フランクに話せる人が向いていると思います。


空気が読めて、話し好きな方には向いてるかもしれませんね!
それでは松田さんがお仕事をされる際に気をつけてることがあれば教えて下さい。

利用者様の家で発言したことは全て責任が伴うので、質問されたことを有耶無耶にしない、
曖昧なことを伝えないように心がけています。
わからないことがあれば一度「しっかりと調べてからお伝えしますね」とお伝えし、
電話相談や事務所に戻ってから先輩看護師に質問して自分がまず理解します。

その後、しっかり調べた上で、伝え方を慎重に選びながらお伝えします。
例えばですが、死期が迫っているご利用者様自体にはやんわりと伝え、
ご家族には別の伝え方、具体的なお話などをします。


松田さんの真面目さ、責任感の強さ、優しさがとても伝わりました。
続いて、松田さんの今後の展望やビジョンについてもお聞かせ頂けますか?

私の今後の目標としては様々な勉強会に参加したいです。
今の訪問看護は口腔系が弱い人が多いため、歯科衛生士の資格も取ってみたいと思っています。
様々な技術や知識を学び、利用者様の「じゃあ」や「なんで」をしっかりと理解して応えてあげたいです。
あとは趣味的な話になるのですが、写真を撮るのが好きなので、
笑顔の瞬間を撮ってプレゼントしてあげたいなと思います。


経歴や心がけていること、今後のビジョンなど色々とお答え頂きありがとうございました!
余談とはなってしまいますが、総リハの看護師はどんな人が多いかも教えて下さい。

明るい人が多いですね(笑)フランクで話が好き、趣味の話をしたり、ハマってることを話してたりします。
具体的にはドラマの話や、俳優の話、子供の話等、看護師であると同時に先輩ママさんでもあるので、
そのあたりは普通の主婦とは変わらないかもしれません。


総リハ看護師の方は、なんというか、肝っ玉母さんみたいな方が多いイメージです(笑)
みんな笑顔で明るくて話しやすい方ばかりですよね。
最後に、求職者の皆様にメッセージをお願いします。

訪問看護は「一人で出向く」という不安と責任感はありますが、
先輩についての同行訪問もあり、先輩との意思確認をしてから訪問に向かいます。
不安であれば先輩がついてきてくれるし、わからないことがあれば
しっかりと聞いてもらえる環境が総合リハビリ研究所にはあります。
私も入社前は「一人で訪問する、判断をしなくてはいけないことが怖い。その場の急な変化に判断しなきゃいけない」と
不安やプレッシャーを感じていましたが、事務所に帰ったり、電話すればすぐ助けてもらえるので安心してほしいです。
訪問看護に興味がある方であれば、ぜひともチャレンジしてみてください。



看護部門の松田さん、インタビューありがとうございました!

=================================================================
★松田さんの一日の流れ★
【09:00~09:15】朝の看護ミーティング(前日のオンコールの内容共有等)
【09:15~12:00】午前の訪問(2~3件)
【12:00~13:00】事務所でお昼休憩
【13:00~17:00】午後の訪問(3件)
【17:00~18:00】訪問内容の記録
【18:00~】定時退社
※現在は新型コロナウイルス感染症の影響を鑑みて直行直帰体制となっておりますので
 上記一日の流れとは若干相違いたしますがご了承ください。
=================================================================

看護師の募集要項はこちらから

総合リハビリ研究所で看護師として活躍してみませんか?

今回は浦安本部のエース看護師、松田さんにインタビューをさせて頂きました。
以前は管理者の高澤さんにインタビューをさせて頂きましたが、
現場で働く看護師の想いも伝われば幸いです。

現在総合リハビリ研究所に在籍する看護師は30名以上となっております。
ありがたいことに4月に新規オープンした江戸川サテライトは現在
好評のお声を頂いており、看護師とリハ職を若干名募集しております。

看護師リハビリ職以外にも7月に向けて鍼灸あん摩マッサージ指圧師、ケアマネジャー等も若干名募集しております。
施設見学も随時行っておりますので、ご興味がございましたらお気軽にご連絡ください。
現在の応募状況につきましては下記応募フォーム、もしくはお電話にてお問い合わせください。


■総合リハビリ研究所の募集エリア
浦安、市川、船橋、江戸川

■総合リハビリ研究所の募集職種
看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)
ケアマネジャー、鍼灸マッサージ師、指圧師、社会福祉士、保育士等

【応募フォームはこちらから】


お電話でのお問い合わせ:047-316-0115



それでは皆様とお会いできることを楽しみにしております。
長文にお付き合い頂き誠にありがとうございました。