ドリカムプロジェクトとは?

2019/12/02
ドリカムプロジェクトとは?

業界初!総合リハビリ研究所ならではのプロジェクトをご紹介いたします。

「保険適用内では利用者様が本当に叶えたいことを実現させてあげることができない」
そんなセラピストとしての経験はございませんか?

総合リハビリ研究所で働くスタッフは「もっと利用者様に寄り添いたい」
「地域医療に貢献したい」という意思のもと、多くのスタッフが勤務しております。

総合リハビリ研究所では、より利用者様と深く長くお付き合いして
利用者様の自己実現をするために業界初の「ドリカムプロジェクト」を実施しています!

ドリカムプロジェクトとは?

ドリカムプロジェクトとは総合リハビリ研究所が考案した「障害をお持ちの方の自己実現を支援する活動」です。
「体の不自由でテーマパークに行けなかった方」や「野球観戦をしたいけど、段差等が多くて会場にはいけない方」等、
ご家族、ご夫婦だけでは実現できなかった「夢」の実現に向けて、医療や福祉の専門資格を持ったスタッフが
ご支援させて頂くプロジェクトとなります。

例えば、テーマパークへ同行した際には、
・パーク内を待ち時間なく楽しむためにチケットを代行で確保
・移動ルートの調整
・食事や休憩場所の確保
・お土産の購入、車いす移動のお手伝いなど
幅広く支援いたしました。

■テーマパークに同行したドリカムプロジェクト



■ドリカムプロジェクトをご利用された方の声
【ご利用者様からのお声】
私が行きたいと思った所へ連れて行ってくれました。
大好きなキャラクターとの写真撮影はすごく楽しかったです。
素敵なお兄さん、お姉さんと一緒で嬉しかったです。さりげなく接してくれたので、とても楽しかった。
今度は是非、別のテーマパークへも行きたいです‼
写真を撮ってくれていましたが、いつもは首の緊張が高いため強張った表情になるけど、
今回は素敵な写真を撮ってくれて嬉しかった。

【ご家族様からのお声】
「どうして欲しいのか」私達の想いを聞いて下さり、それに向けて総リハさんが本当に下調べをし、手分けして行動して下さいました。そのお陰で普通ではありえないぐらい沢山のショーやアトラクションを満喫することができました。皆さんの気配りがとても心地よく優しさが伝わってきて楽しく過ごす事ができました。
娘は首が座っていない上に緊張が強いので体の支え方等の介助がとても難しい子です。
しかし流石PT・OTさんの方々でありサッと抱えて下さり安心してお願いする事ができました。


上記テーマパークの例以外にも
・体が不自由な利用者様の「もう一度釣りに行きたい」という夢を叶えるためのお手伝い
・体が不自由な利用者様の「もう野球観戦に行きたい」という夢を叶えるためのお手伝い
・車椅子生活な利用者様の「自分で好きなものを買いたい」という夢を叶えるためのお手伝い
等、総合リハビリ研究所では様々なお手伝いをさせて頂いております。

求職様へのメッセージ

現在総合リハビリ研究所で勤務するスタッフは「病院や施設様などで数年勤務しており、そこからもっと利用者様に寄り添いたい」という気持ちを持って応募される方が多い現状です。

利用者様に寄り添い、生活の質(QOL)の向上に努め、お手伝いをすることが一番の手ではございますが、
保険適応内だと難しいこともたくさんあります。

そんな中、どうすれば利用者様に寄り添うことができるのかを考えた結果、
誕生したのが「ドリカムプロジェクト」でした。

ドリカムプロジェクトは利用者様の夢に寄り添って行うプロジェクトです。
利用者様ごとに一人ひとり夢があり、やりたいことがあります。
総リハスタッフとしても初めて挑戦すること、現地の下見等、たくさんの準備をしてからドリカムプロジェクトに取り掛かります。

ドリカムプロジェクトを行って利用者様から頂く「またこうして色々出来てうれしい、ありがとう」という感謝の言葉を聞くただけで
我々の努力は実ったのだと感じることができ、これからも頑張っていけます。

総合リハビリ研究所の「ドリカムプロジェクト」はもちろん、
浦安、市川、船橋エリアで地域医療に貢献したい、より利用者様に寄り添った
在宅医療をやってみたいと感じて頂いた方はぜひお気軽に応募フォームよりご連絡ください。
訪問看護未経験者でも大歓迎です。

【応募フォームはこちらから】



皆様のご応募お待ちしております!!