ケアマネジャー

ケアマネジャーとは

「利用者様と地域機関をつなぐ、大事な橋渡し役として」

介護サービスが必要な方が住み慣れた地域で、自立した生活ができるように適切なサービスを利用できるように様々な機関と連携を行い支援させて頂きます。
利用者様のニーズや人生の目標に寄り添い、リハビリが必要なときはリハビリ施設と連携し、医療行為が必要な場合は看護師や訪問診療医と連携して総合的なマネジメントを行います。
当事業所では併設している訪問看護ステーションと密な連携を行い、社会資源も利用しながら利用者様と、ご家族の方に喜んで頂けるようなケアプランを提供いたします。

Works

仕事紹介

01インテーク

病院や地域の包括支援センター、個人の方からご依頼頂いた内容を元に、契約を行い、アセスメント(課題分析)、ケアプランの原案を作成します。

02担当者会議

ケアプラン原案に基づき、連携する機関の担当者を収集し会議を行い、情報の共有を行います。

03ケアプランの実行

担当者会議で共有した内容を元に本プランを作成し、ご本人、ご家族の方へご説明して、同意の署名、捺印を頂いた後、正式に関係者各位にケアプランの交付を行い、ケアプランの再確認と共有を行います。

04モニタリング

月に一回必ずご自宅に訪問し、利用者様、ご家族と面談し、サービスの利用状況について意見を求める。評価を行い、必要に応じてケアプランの変更や検討を行います。

05再アセスメント(必要に応じて)

ケアプランを実行し、モニタリングした際にケアプランの変更が必要だと判断した際に01~04を再度行います。

06終結

利用者様が死亡した場合や、施設入所等のサービス停止時には完結となります。

Works

とある1日の流れ

午前9:00

出社、メールチェック

午前9:30

社内勉強会

ケアマネ管理者による社内勉強会を行います。 若手のケアマネにもわかりやすいよう事例を踏まえて勉強会をします。

午前10:30

午前の訪問(新規面談、モニタリング)

勉強会が終わった後は新規の面談や月に一度のモニタリング等を行うために訪問します。
訪問は会社が支給する原付きや電動自転車にて訪問します。

午前11:30

支援経過の作成、モニタリング等の資料作成

訪問から帰ってきた際に訪問内容を資料にまとめます。また次の訪問の資料作成等も行います。

午前12:00

お昼

お昼は会社に戻ってきてケアマネ内で談笑しながらお昼を食べます。

午後13:00

市が開催する研修に参加

お昼を食べた後は市が開催する研修に参加し、知識を広げます。

午後14:00

市役所に訪問し、申請書類等を代理で提出、今後必要な書類を取り寄せる

市役所に訪問し利用者様からお預かりしてる書類を代理提出、また自分が必要な書類を取り寄せます。

午後15:00

午後の訪問(担当者会議の開催、ケアプランのご説明)

担当者会議やケアプランのご説明をしに利用者様のご自宅等にご訪問します。

午後17:00

訪問内容に付随する資料の作成

ご訪問内容に関する資料をまとめたり、明日の訪問に使用する資料を作成します。

午後18:00

退勤

word

管理者からのヒトコト

総合リハビリ研究所の居宅介護支援部門は訪問看護併設のため、病院等の医療機関からの依頼が多い状態で、難病、や若年層のガン末期患者の方々等の受け入れをしています。
医療連携はもとより、移行もスムーズにするために迅速に円滑に対応する必要がありますので、常日頃勉強の連続となります。様々なことが日々自分の成長を促すのと同時に、難病の方等が最後に住み慣れた自宅で最後の瞬間を過ごせたときにご家族から頂く「総リハさんにお願いしてよかった」という感謝の言葉を頂いたときが一番のやりがいを感じます。
医療連携も勉強できる総リハで一緒に働きませんか?

募集要項

ケアマネジャーに興味をお持ちの方は募集要項をご確認ください。

【正社員】ケアマネジャー(介護支援専門員)